Posts

前歯を修理したはなし

Image
子どもの頃に左前歯を折ってしまい、保険適用の被せ物(硬質レジン前装冠)で20年ほど過ごしてきました。先月、オンライン飲みをしていたところ突然表側のレジンが取れてしまいました。調べたところ硬質レジン前装冠の耐用年数は6年から10年とのことで非常に長生きだったみたいです。

キレイに取れたので貼り付け直すという対応も出来たのですが、左右の見た目(サイズ・色)が大きく異なっているのが思春期の頃からコンプレックスだったため、思い切って左右とも差し歯に換装することにしました。
オールセラミックとハイブリッドセラミックで非常に悩みましたが、いずれにせよ今までのレジンよりは遥かに良いだろうということで比較的財布に優しいハイブリッドセラミックにしました。(財布に優しいとは言っても2本で ¥176,000+α というお会計でした。)
先週から仮付をし、先ほど調整が完了し完全な形での装着となりました。非常に仕上がりに満足しています。周りの自歯と比較しても色・サイズ・透け感など遜色ないのではないかなと思います。
参考までに記事末尾にビフォーアフターを貼っておきます。(見苦しいので改行多めに入れておきます。)



















before
after

【登壇告知】第5回 データアーキテクト(データ整備人)を”前向きに”考える会

Image
7月14日に開催される 第5回 データアーキテクト(データ整備人)を”前向きに”考える会 で登壇します。

第一回の前向きデータ整備人が開催されたのが昨年11月で、わたしが現在所属している分析推進室が立ち上がったのも同時期ということもあり、データ基盤を立ち上げるにあたりこのコミュニティを非常に参考にしてきました。
今回の登壇では、ここまでの#前向きデータ整備人を振り返り、私たちのデータ基盤にどう活かされているのか総括したいと思います。 これからデータ基盤を作ったり、刷新を考えているような方の参考になる発表にしたいと考えています。

#bq_sushi 13 に参加した

Image
#bq_sushi 13 Google BigQuery本を読んでみた!
昨年末から有志で「Google BigQuery: The Definitive Guide」というBigQueryの中の人(Lak Lakshmanan, Jordan Tigani)が昨秋リリースした本を翻訳しながら読み合わせていた。クエリの基本的な書き方といった初歩的な内容からリリース前の機能情報など幅広く記されておりさまざまな層のユーザーに役立つ本だ。

今回の #bq_sushi はこの輪読会のまとめ的な立ち位置となり、1章から3章までの要約が発表されている。アーカイブが残されるらしいのであとで見返すために残しておく。 What Is Google BigQuery?Query EssentialsData Types, Functions, and Operators
私は8月に行われる回で 7章の Optimizing Performance and Cost の要約を発表する予定だ。

なお、この書籍はKindleで購入されることを勧めたい。BigQueryのアップデートにあわせて常に書籍の内容もアップデートされており、7月にオンラインで開催されるGoogle Cloud Next '20前後で大規模なアップデートも行われるとのこと。

本業でやってること

Image
職場で書いたnoteを公開したので共有。
#4 マネフォが実践する「MF on SSOT」な分析基盤の構成

昨夏に転職してデータ分析基盤の整備を進めてきて最近ようやく形になったので表に出せる範囲でいろいろ書いてみた。かなりスマートにまとめているけど実際のところは手オペで運用されていた神エクセルや神スプレッドシートを引き剥がすというドロドロした作業からはじまった。
「ようやくここまで来たか」というエモさに包まれている。

BloggerでGoogleタグマネージャーを利用する

Image
Bloggerは設定画面でGoogleアナリティクス(以下GA)のトラッキングIDを入力することで標準的なページビュー計測などを行うことができる。しかし、より柔軟なタグマネジメントで高度なウェブ行動計測をおこないたい場合、Googleタグマネージャー(以下GTM)を導入しGAタグを配信するのが鉄板だ。
GTMのヘルプコミュニティでBloggerへのGTM実装が出来ないといった投稿が多く見られたのでTipsとして残しておく。


GTMを実装する場合、クイックスタートガイドの指示どおりページ上(Bloggerの場合ブログテンプレート)の <head> 直下と <body> 直下にコンテナスニペットを挿入するのだが、一点だけブログテンプレートの仕様に合わせた調整が必要なポイントがある。
Bloggerのブログテンプレートは厳密なエンコードスキーマを持っており、&のような特殊文字を使用する場合HTMLエンコードされた形で入力することが求められる。 さて、GTMのクイックスタートガイドに記されているコンテナスニペットを見てみよう。未エンコードの特殊文字が使われているのは<head>直下に配置するスニペットの一箇所のみである。
以下のように調整することで無事GTMをBloggerで使用することができる。
変更前: j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&l='+l:'';j.async=true;j.src=
変更後: j=d.createElement(s),dl=l!='dataLayer'?'&amp;l='+l:'';j.async=true;j.src=

ブログやっていく

Image
先日、職場のnoteで記事を書いてほしいという依頼があった。
「まともに文章を書くのなんて中学生の頃の作文以来だなぁ。」なんて思いながら、コロナ渦の影響で予定もなくガラ空きとなった週末の時間を使い、仕事で作っているデータ分析基盤の構成についてダラダラと書いた。

テレビを観ながら雑に書いた文章だったものの意外にも「文章力あるね」なんて褒められ(社交辞令でも嬉しいものは嬉しい)、もっと文章をアウトプットしていきたいなという欲が出てきた。というわけで手始めにアウトプットできる環境を用意してみたのがこのブログというわけだ。
近頃はnoteである程度ボリュームのある文章を手軽に投稿するのが流行っているように感じるが、仕事が仕事(データ収集・分析がメインなもののグロースハックとかもやってる)なのでフロントエンドの検証等に使うことも考えて比較的自由にカスタマイズができそうなBloggerのお世話になることにした。(Google Domainsでドメインを取得したところ、オリジナルドメインを使ったBloggerを開設する導線があり、非常にスムースだったので半ばテキトーに選んだという経緯もある。) インフラやCMSの勉強もしたいのでそのうち独自で構築したシステムに移るとは思う。
ブログをはじめる理由を書いてみたけれど、仕事上の備忘録や日常生活での気づきを書き綴るだけのいわゆるライフログとして利用するつもりで読者を増やしたいなどといった野望もないので、波長の合う方だけ読んでくれればいいかなと思っている。
コメント管理など面倒なことは極力省きたいのでなにかご意見ご感想ある場合、以下のGitHubレポジトリでissueを立てていただきたい。 https://github.com/OTA2000/blog.ota2000.com